目的と概要

研究班の組織

活動内容

a.

研究班の薬剤供給と情報提供システムの説明

b.

研究班が供給する薬剤リスト

c.

疾患別治療薬リストと研究班供給薬剤の適応

d.

研究班供給薬剤の入手方法と治療成績の報告方法

e.

HIV治療薬の紹介

リンク

ご意見・ご要望

 


エイズ治療薬研究班の活動内容


b.研究班供給薬剤リスト ( 2012年8月 現在 )


この研究班は、日本で既に承認されている薬剤や治験中の薬剤だけでは治療が困難な状況にあるAIDS/HIV感染症の患者さんの治療法を改善することを目的としています。当研究班は、わが国では未承認もしくは該当する適応症が未承認であるが、海外では既に承認されている薬剤を輸入し担当医師に提供して、研究班としての臨床試験を行うことにより、AIDS/HIV感染症の薬剤療法の向上に寄与することを目指しています。

担当患者さんの治療のために、この研究班が取り扱う薬剤の供給を希望する医師は、まず、「C.疾患別治療薬と研究班供給薬剤の適応」の欄で既承認薬と治験中の治療薬の種類について確認してください。もし、研究班の提供する薬剤以外に適切な薬剤が無いと考えられる場合は、研究班の薬剤について適応疾患ごとにFAX情報サービスまたはインターネットホームページを通じて資料を取得し、当該患者さんがこの研究班からの薬剤が供給される対象となることを確認して下さい。

薬品名をクリックすると米国(一部日本)の薬剤添付文書を参照できます。


研 究 班 取 扱 い 医 薬 品  2012年8月 

HIV感染症
1)Retrovir IV  (Zidovudine) Glaxo-SmithKline
2)Retrovir Syrup  (Zidovudine) Glaxo-SmithKline
3)Epivir Oral Solution  (Lamivudine) Glaxo-SmithKline
4)Ziagen Oral Solution  (Abacavir) Glaxo-SmithKline
5)Viramune Syrup  (Nevirapine) Boehringer Ingelheim
6)Fuzeon  (enfuvirtide) Roche
7)Aptivus  (tipranavir) Boehringer Ingelheim

ニューモシスチス感染症
1)Sulphamethoxazole and trimethoprim ,Oral Suspension USP  (ST合剤)

トキソプラズマ症
1)Daraprim  (Pyrimethamine) Glaxo-SmithKline
2) Sulfadiazin  (Sulfadiazin) Eon Labs, Inc.

サイトメガロウイルス感染症
1)VISTIDE  (Cidofovir) Gilead Sciences Inc.

カポジ肉腫
1)Taxol Injection  (paclitaxel) Bristol-Myers Squibb Campany
2)ドキシル注20mg  (ドキソルビシン塩酸塩ロポソーム注射剤)ヤンセンファーマ株式会社
  ドキシルの供給について 申請方法